便秘や下痢に良い野菜

お腹の調子が悪くて悩んでいる人は、もしかしたら野菜不足が原因かもしれません。主に野菜から摂取できる食物繊維には、腸内環境を整えて便通の調子を快方に導く働きが期待できます。食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類があり、それぞれ便のカサをましたり、便を柔らかくしたりといった働きを持ちます。水溶性と不溶性はバランスよく摂取しないと、便秘になったり下痢っぽくなったりと調子が悪くなりますから、野菜をうまく活用して食物繊維をバランスよくたっぷり摂取しましょう。

水溶性食物繊維は水に溶けてねばねばしたりぬるっとしたりするのが特徴的で、イモ類やこんにゃくから摂取できます。不溶性食物繊維は水に溶けないためシャキシャキと筋っぽい歯ごたえがあり、ブロッコリーやごぼうなどから摂取できます。ただしごぼうには不溶性食物繊維と水溶性食物繊維のどちらもが含まれているため、お腹の調子を良くするならごぼうを積極的に食べるのが良いでしょう。胃腸の働きは内臓を冷やしてしまうと低下するため、なるべくスープや味噌汁、鍋料理などの温かいメニューで野菜を摂取してください。忙しくて野菜をあまり取れないという人は、サプリメントや野菜ジュース、スムージーを利用するのも良い方法です。

Copyright ©もしかして野菜不足?野菜の栄養バランスで体調不良を緩和, All rights reserved.