寝不足に良い野菜

忙しくてなかなか睡眠時間が確保できなかったり、上手く眠れなかったりした日の翌朝は、気だるさや眠気にかなり悩まされることでしょう。寝不足は仕事や作業のパフォーマンスを著しく下げて、日常生活に大きな支障をきたします。何か重大な事故につなげてしまう前に、野菜を食べて体調を整えましょう。疲労回復やストレス、免疫の向上に役立つにんじん、ブロッコリー、しいたけ、ゴマなどを積極的に食べて寝不足の疲労感に打ち勝ちましょう。また、寝不足は睡眠の質が下がっていることも理由の一つです。睡眠の質を高めるためには、トリプトファンと呼ばれる栄養素が大切。

トリプトファンは朝に摂取することで自律神経のバランスを調整して、夜に安眠を促す効果が期待できます。卵にはトリプトファンが含まれているため、キャベツやニンジンなどの野菜と卵炒めを朝食メニューにしてみてはいかがでしょうか。また、睡眠の質を妨げるストレスには、ギャバと呼ばれるアミノ酸で自律神経を整える方法もあります。ギャバはトマトからも摂取することができるため、温かいミネストローネなどで身体を温めて、心身ともにほっこりと癒されてみましょう。脂質・糖質ばかりの加工食品は逆に睡眠の質を下げることがあるので注意してください。

Copyright ©もしかして野菜不足?野菜の栄養バランスで体調不良を緩和, All rights reserved.