野菜の栄養と健康

胸を張って「健康」を言えるような状態の日は、一年に何日くらいあるのでしょうか。なんだか身体がだるかったり、眠たかったり、頭痛や鼻水があったり…何かしらの不健康を抱えたまま、仕方なく無理をして仕事や学校に出かける人も少なくはないでしょう。体調不良には人それぞれで様々な理由がありますが、野菜不足もその中の一つです。意外と野菜不足を自覚している人は少ないですが、ファーストフードやインスタント食品などの加工食品が普及している現代人には、必要な量の野菜が摂取できていないケースが多くあります。厚生労働省が発表している成人の1日当たりの野菜摂取量は350g以上が目標ですが、実際の基準値は292gと目標には届いていません。野菜不足に陥ると、自分でも気が付かない間に体調不良を抱えてしまう可能性があります。

野菜にはビタミンやミネラル、食物繊維がたくさん含まれています。ビタミンには身体を動かすためのエネルギーを生成する働きを促したり、疲労の回復をサポートしたりする作用があります。ミネラルには身体の老廃物を排出する作用が、食物繊維には腸内環境を整える作用が…。もしも体調不良に悩まされているのなら、野菜を積極的に食べることで悩みを解消する手助けとして期待できます。野菜不足の自覚がある人なら、なおさら野菜が解決の糸口になるかもしれません。体調不良の解消に利用できる野菜とその効果について、体調不良の種類ごとにご紹介します。

Copyright ©もしかして野菜不足?野菜の栄養バランスで体調不良を緩和, All rights reserved.